医療事務の仕事内容 | 医療事務資格NAVI


医療事務という仕事に興味を持たれた方へ。
医療事務の資格を取るために知っておきたいことと
その仕事内容などわかりやすく解説しています。

医療事務の仕事内容

医療は基本的に業務になり、医療資格従事者の集まりによって成り立っています。これにより、一般的な庶務や重要な書類の管理等は専門の事務職に委ねられることが多くなります。

そのため、多くの医療現場にはその規模の大きさに関わらず、医療事務と呼ばれる事務のプロフェッショナルが配置されているのです。そんな医療事務の仕事内容ですが、具体的に一体どんなものがあるのでしょうか?

1.患者の受付
2.診断内容による処方箋の発行
3.費用精算
4.レセプトの作成と請求
5.医療従事者の補助

まず、医療事務に従事するスタッフは各医療機関の顔と言うべき存在になり、多くの患者さんの診療受付を担当します。これにより、カルテを保管庫から引き出して医師の診断のために準備する役目を持っています。

また、医師による診断が終わると、その診断による指示によって多くの患者さんは薬を処方してもらうことが多くなるでしょう。医療事務を担当する方は、その指示内容に間違いのないように処方箋を発行しなければなりません。

ただ、最近は電子カルテもかなり普及してきているので、医師が直接入力した薬剤指示が直接処方箋に反映されることもあって医療事務の負担は少なくなっています。

そして、患者さんに医療費の精算をしてもらうのも重要な仕事です。その後、医療事務スタッフは医療費の国費負担分の請求をするためにレセプトを作成することになるでしょう。

それでも、規模の小さい医療機関においては看護師などの人材不足もあって、医療事務者に看護助手としての業務を課しているところもあり、医療現場における人材補助の面で大きな役割を担うこともあるのです。

 

医療事務の資格と実務
医療事務の勉強
医療事務資格試験で合格する為のポイント
New!
医療事務資格試験で合格したい?
合格するためのポイント
について解説しています。

医療事務の仕事はどれくらいの収入が見込める?
PicKup
医療事務の仕事は給料はどうなの?
実際に医療事務を担当したら
どれくらいの収入になるの?

実際に医療事務の仕事をしている人の声
Point
医療事務の実務とは?
実際に医療事務に
従事している人の体験談など